2013年5月31日

梅雨の晴れ間

 

DSCF3942.JPG

今年、トレンドのシースルー ネオンカラー。

なんて、テレビの受け売り。(笑)

お昼の食事時に、よく見るショッピング対決で出て来るキーワードなもんで。。

 

DSCF3991.JPG

今日は、朝から良いお天気。

と言っても、行事ごとは特に。。

 

DSCF4039.JPG

 

藤森神社のアジサイ苑は、6月1日から。

少し色づいてきています。

 

DSCF4079.JPG

 

満開になるまでは無料期間があって、

庶民にはチャンス。

 

DSCF4093.JPG

勝負の神様。

絵馬堂も、面白い。

 

DSCF4075.JPG

 

伏見名水スタンプラリーも。

こちらのお水、結構、人気でいつも行列。

 

DSCF4111.JPG
DSCF4100.JPG

帰りに見つけたしゃれっ気たっぷりの銭湯。

お風呂の研究者としては、次回、行かないと。(*^。^*)

 

DSCF4118.JPG

2013年5月28日

早くも梅雨入り???

 

R0011498.JPG

 

九州・四国は梅雨に入ったそうで、観測史上何番目という早い梅雨入り。

京都も、朝からパラパラと雨が。

ヒンヤリしている。。

 
R0011808.JPG

 

雨の季節。

かつては、外出もためらいがちだったが、

今はカメラの恩恵でそうでもない。

 

DSCF3869.JPG

 

 

晴れの日には、撮れないしっとり感。

カメラという第二の目が、別の世界を見せてくれる。

 

 

DSC_2456.JPG

 

鞄に絶えずコンパクトカメラ。

それだけでも、外出は楽しくなるものだ。

 

 

DSC_2348.JPG

 

一時、万歩計に物欲が動いた時期もあった。

トイレで落としてから、どうもトラウマがあるようで、

未だに。。。

 

DSC_2373.JPG

 

 

 

2013年5月27日

第47回 洛東祭 ー少林寺拳法公開演武ー

 

 
IMG_8437 1.jpg

 

先週の日曜日、洛東祭が岡崎の旧武徳殿にて開催された。

祭とフェスティバル。

似て非なる物。

祭は、その真剣さが見ている者の心を動かす。

 

 
IMG_8352 1.jpg

 

二年前、私もこの中に。。。

この前のようでもあり、少し前のようでもあり。

 

DSCN1207.JPG

 

東北大震災があり、大変な年になった。

募金を募り、皆さんのお力を東北へ。

 

 

IMG_8305.JPG

 

何か出来る事は。。

大人も子供も、それぞれが真剣に考えた年。

 

IMG_8584.JPG

 

答えの一つとして、

目の前の、今出来る事を精一杯しよう。

 

IMG_8880 1.jpg

 

それが、巡って東北にわずかでも届くなら。

そう願って開催した事を憶えている。

 

IMG_8753 1.jpg

 

委縮しがちな世の中。

個々が少しずつ活性化すれば、

それは大きなうねりとなって、動き出すはず。

 

IMG_8946.JPG

 

力を結集する大切さ。

道場諸氏の頑張りを見て、再認識した。

 

 
IMG_9092 1.jpg

 

 

2013年5月26日

初夏モード

 

DSCN1020.JPG

いよいよ、鱧の季節。

骨切の音が、夏を感じさせてくれます。

油がのるのは、これから。

 

DSCN1008.JPG

 

今宮神社は、何度も来ていたものの。。

いまだ、未確認だった阿呆賢(あほかし)さん。

 

DSCN0870.JPG

三度叩いて持ち上げて、三度さすって持ち上げて。。

軽く感じたら、願いが叶うとされる石。

「軽かったぁ~」

DSCN0871.JPG

 

伏見稲荷大社にも、灯籠の頭を持ち上げてというのがありますが、

こちらの方が少し軽いかな。

 

DSCN0894.JPG

玉の輿の語源の「おたまさん」こと桂昌院さんのレリーフ像も。。

今は、あまり聞かなくなりましたが、逆玉はたまに。。

 

DSCN0855.JPG

さて、今日は「洛東祭」

これから、仕入れに行ってから。

お時間のある方、二時に平安神宮西の武徳殿で、お会いしましょう。(*^。^*)

 

IMG_1754 1.jpg

 

2013年5月25日

満月の夜

 

DSCN1071.JPG

 

昨夜のお月様は、綺麗でしたね。

鞍馬の五月満月祭(うえさくさい)も、大いに盛り上がった事でしょう。

機会があれば、、一度参加したいものです。

 

DSCN0970.JPG

 

久しぶりに、今宮神社へ。

あぶり餅も頂きました♪

 

DSCN0966.JPG

 

かねてより、興味のあった一和の井戸。

見せて頂きました。

 

DSCN0932.JPG

 

降りる時、「頭に気を付けて」と声をかけて頂きましたが、

上がる時には。。。(^_^;)

 

DSCN0951.JPG

深さ4~5mは、あるでしょうか。

底には、清らかな水。

千年の歴史を感じさせます。

 

DSCN0940.JPG

 

久しぶりに井戸を見て、また水の研究に対するモチベーションが沸々と。。

境内の様子は、次回に。。

 

DSCN0841.JPG

2013年5月23日

 ☆スッキリ☆

 

IMG_2075.JPG

 

朝晩の爽やかさ。

とても、心地が良い。

 

IMG_8140 1.jpg

 

車をシルバー色にしてから、洗車の回数が激減。

洗っても、汚れても、分かりにくいのが一因かな。

おかげで、不精者は助かっているとも言える。。。

思い出したように、洗車場へ。

 

DSCN0720.JPG

不気味に、迫りくる真っ黒のブラシたち。

自分の車が前に進んでいるような不思議な錯覚。

バチバチバチ~。。ダダダダダダ~。。

 

DSCN0724.JPG
DSCN0726.JPG

最後にやってくるドライヤー君。

乾かすという感じでもないが、

散髪と同じく、これで終わりというサイン。

 

DSCN0742.JPG

お陰様で、ピッカピカ~。

 

DSCN0767.JPG

 

最近、どうも体も頭もスッキリしない。

人間洗濯機。。

有ればいいのに。。(笑)

2013年5月22日

悩みのツボ

 

DSCN0606.JPG
ここ二三日、歩みが止まった。

京都を巡る人にとっての悩みの一つ。

それは、「何処へ行こうかな?」

 

DSC_1763.JPG

 

庭・仏像・建物・街並み。

見たいものは、何か?

 

IMG_0199.JPG

それが、見つからないと動きようがない。

そのツボに、今ハマっている。

 

 

IMG_0211.JPG

 

特に、行事を目標にしてる私など、空白なこの時期はツライ。

 

IMG_0973.JPG

 

今年は、大河ドラマ 八重の桜で、同志社大学に注目。

京都検定にも出る可能性は大きい。

 

IMG_1068.JPG

IMG_0479.JPG
IMG_0488.JPG

煉瓦建てのオシャレな校舎。

鉄筋コンクリート建ての京産大を出た者としては、羨ましいかぎり。。

 

IMG_0491.JPG

同志社に行ってたら、、、

 

次の英文を訳しなさい。

The grass is always greener on the other side of the fence.

 

なんて、先生に言われて、アタフタしてたかも。。(^_^;)

 

 

IMG_0483.JPG

 

 

 

2013年5月21日

暑さ対策

 

 
DSCF3324_1.JPG

 

天気予報では、今日は30℃近くまで上がるとか。

いよいよ、来たかって感じ。。

 

DSCF3385_1.JPG

 

暑さに気を付けてとTV。

 

IMG_2120.JPG

対策 その1

涼しい所へ

 

 

R0011505_1.JPG

 

対策 その2

水分補給

 

 
IMG_8146.JPG

対策 その3

心頭滅却

 

R0011489.JPG

対策 その4

水浴び

IMG_7893.JPG
または、風呂

IMG_2137.JPG

 

対策は、色々あれど一過性。

暑いものは、暑い。

 

P5129312.JPG

 

好きな事に、熱中する。

それが、一番かな。

 

IMG_8130.JPG

 

今週末、平安神宮西で行われる第47回 洛東祭。

暑さを吹っ飛ばす気合、期待してます。!(^^)!

 

IMG_1754 1.jpg

 

 

 

 

 

2013年5月20日

東か 西か

 

DSCF3809_1.JPG

良いお天気。

春の祭も、一段落。

京都の街も落ち着いた様子。

 

R0011069.JPG

 

さてさて。。

どうしたものか。

 

DSCF3346.JPG

 

お花もいいけど、動物はどうかな。

先日の天王寺。

動物園も行ったけど。。

 

IMG_7939.JPG

長い間、来なかったので少し期待してみたが。

やはり、ここはお子様の楽しみ処だなぁ。

 

IMG_7968.JPG

 

動物側から見れば、、

 

IMG_8058.JPG

我々は、、

御馳走?

 

IMG_8041 1.jpg

昼寝の邪魔?

 

IMG_8065.JPG

などど、妄想を抱く。

まさに、猿の惑星的発想。

 

IMG_7987.JPG

 

動物園は、素直な心を持ち合わせた子供の楽園。

 

IMG_7970.JPG

 

おっちゃん一人では居場所もないようだ。

やっぱり、私にはお寺だなぁ。

 

IMG_8005.JPG

 

2013年5月19日

さてさて。。。

 
DSCN9363.JPG

この週末は、どこも行かず。。

ネタが無い。

今日は、三船祭や嵯峨祭が嵐山界隈であるものの、行けるかどうか。。

 

DSCF3007.JPG

という事で、お花特集。。

 

DSCF3774.JPG

 

DSCF3780.JPG

 

 

R0011780.JPG

 

 

DSCN9261.JPG

 

さて、あと一日。

頑張って、明日はお休み。

どうするかなぁ。。

 

DSCF3854.JPG

2013年5月18日

天空の畑

 

DSCF3997.JPG

 

街の真ん中に、畑が出現。

200トンの土が、屋上に。

 

DSCF3924.JPG

六角東洞院に新しく出来たスーパーマーケット。

エレベーターで、三階へ直行。

 

DSCF3993.JPG

扉が開くと。。。

 

DSCF3996.JPG

ネギ坊主。

これって、花?

だいたい、野菜がどうやって出来てるかなんて、考えた事も見た事も少ない。

見ていて、楽しい。

 

DSCF3933.JPG

ハチの巣も。

街の中でも、蜜が取れるとは。。

 

DSCF3938.JPG

 

畑を見ながら、美味しいカフェラテ。

これまた、癒される。

マイルドながら、しっかりした味。

お勧め☆

 

DSCF3965.JPG

 

八百屋さんの屋上に、野菜。

まさに、産直。

出来立ての野菜、どんな味かな?

TVでは、よく生でかじってるけど。。(*^。^*)

 

DSCF4002.JPG

2013年5月17日

爽やかな空

 

DSC03127.JPG

自転車で走ってると、、、

色々発見。。

 

DSC03392.JPG

軟式野球発祥の地か。

京都発も、色々あるのですねぇ。

こちらは、烏丸高辻西。

 

DSC03358.JPG

 

五条大橋西詰めのオシャレな喫茶店。

開け放たれた窓が、気持ち良さそう。

おっちゃんが一人では入りにくそう。

 

DSCF3820.JPG

 

寺町今出川上がるの十念寺さん。

ビザンチン様式の御堂は、特徴的。

日曜日までの特別公開。

拝観料100円は、有難い。<m(__)m>

曽我蕭白の襖絵もある。

先日、ボストン美術館展で見ただけに、親しみを抱く。

 

DSCF3839.JPG

重文 仏鬼軍絵巻。

阿弥陀如来・薬師如来・大日如来などが地獄に攻め入って、鬼を退治。

亡者を救うという絵巻。

仏様も、やる時はやるんですねぇ。

まさに、力愛不二。

 

DSCF3880.JPG

少し下がった本満寺さんのしだれ桜の中。

花の咲いた後の桜。

見た事ありますか?

いいものです。

DSCF3902.JPG

 

2013年5月16日

五月の風

 

P5159313.JPG

 

昨日は、葵祭へ。

「もう夏?」というほどの陽気。

 

IMG_1227.JPG

京都の祭の中でも、移動距離の長い葵祭。

それぞれ、思い思いの場所でご覧になられた事だろう。

今回は、御所の南の歩道から。

 

DSCN9095.JPG

 

強烈な日差しにフタバアオイも、、熱中症気味。

 

DSCN9000.JPG

 

ウシも、「モウ~、たまらん」とストップ。

牛歩戦術か。。

 

DSCN9048.JPG

ほとんど、人力車のように見えるのだけど。 (*^。^*)

 

 

P5159322.JPG

 

行列が進むにつれ、気温も上昇↑

斎王代さんの乗った御腰輿(およよ)が見えてきた。

担ぎ手は、我らが京都産業大学の学生さん達。

OBとしても、、、羨ましい。。(笑)

 

DSCN9142.JPG

 

斎王代さんの美しさに、しばし暑さも忘れ。。。(*^。^*)

 

 

RSCN9287.JPG

 

最初の勅使を中心とした本列は、どこかいかめしい。

女人列は、誠に華やか。

 

DSCN9129 1.jpg

毎年、ここだけカットが増えてしまう私のブログ。

オヤジゆえ、致し方ございません。。

 

DSCN9182.JPG

 

DSCN9158.JPG

一キロに及ぶ行列の流れは、あっという間に通り過ぎる。

 

DSCN9148.JPG

東京から初めて来られたお隣の御夫婦の目にはどう映った事だろう。

暑さのあまり、私には白昼夢のような気がした。

 

DSCN9257.JPG

2013年5月14日

神山(こうやま)や 大田の沢の かきつばたふかきたのみは 色にみゆらむ 藤原俊成

IMG_1038.JPG

京都検定対策に。

歌人の名前も、よく出ます。(*^。^*)

 

 
IMG_1040.JPG

 

緑の中に映える紫。

 

P1050089.JPG

何処か、宇宙的。

 

P1050056.JPG

国の天然記念物登録の大田の沢のカキツバタ。

今も昔も、結構人気。

 

IMG_1183.JPG

カメラ好きとしては、他の方のカメラも気になる所。

それぞれのこだわり具合が、よく分かります。

 

IMG_1156.JPG

大田神社の真向かいに記念碑。

北大路魯山人生誕地。

対策対策。

IMG_1209.JPG

 

上賀茂名物の焼き餅。

京都検定対策に食べておかないとね。

 

IMG_1199.JPG

2013年5月13日

30℃越え・・・

 

DSC03364.JPG

 

今日は、暑かった~。〈汗)

お天気もいいので、ドライブを兼ねて竜王のアウトレットモールを目指す。

京都東から、名神高速へ。

 

DSCF3686.JPG

 

高速に乗ったまでは、良かったのだが。。。

草津の手前で、大渋滞。。

今日から、名神高速の大改修とは知らず。。(^_^;)

普段乗らない高速。

新名神と名神の分岐の表示は、分かりにくい。

どっちやどっちや状態。。

 

DSCF3736.JPG

高速を降りて、琵琶湖大橋を渡って、道の駅でソフトクリーム。

そして、帰宅。

 

DSCF3740_1.JPG

なんのこっちゃの一日となった。

明日は、上賀茂をご紹介。

 

IMG_1161.JPG

 

2013年5月12日

お天気 回復

DSCF3365.JPG

 

昨日は、一日雨ふり。

観光の方々には、生憎のお天気。

逆に、しっとりとして良かったという方もいらっしゃるかな。

 

IMG_1851.JPG

元アルバイトのY君夫妻が、お母さんの誕生日にとケーキを持って来てくれました。

お母さんの元気の源は、人とのつながりと優しさ。

有難うございました。

 

P1040976 q.jpg

さて、、

ちょっくら、、

何処へ行ってこようかな。。

 

R0011286.JPG

 

2013年5月11日

花の癒し

 

P1040832.JPG

しとしとと降り続く雨に足止め。

 

P1040846.JPG

 

大田神社のカキツバタが、見頃と新聞に出ているものの・・・・

 

 

DSCF7491.JPG

                                           2012年 撮影

 

どうも、頭も体も重く。。

夕方からは、仕事モードに入って元気になるのだが。。(^_^;)

 

IMG_2100.JPG

 

明日は、母の日。

花屋さんもフル活動。

私も、一鉢。

 

IMG_2085.JPG

花の持つ癒しの力。

時として、有難く感じるこの頃。

 

R0011568.JPG

 

特に、こんな雨の日

 

P1040869.JPG

 

明日は、松尾大社の還幸祭や下鴨神社の御蔭祭、管大臣神社の狂言。

晴れて欲しいなぁ。。

 

P4210416.JPG

 

2013年5月10日

静かな佇まい

 

IMG_1796.JPG

京阪五条駅近く。

江戸時代の文化遺産的家屋、洛東遺芳館。

春季展示へお邪魔。

 

 

IMG_1797.JPG

IMG_1798.JPG

 

谷文晁・円山応挙などの墨絵の屏風や広重の浮世絵など御宝多数。

300円と優しい拝観料も嬉しい。

着物を着ていくと、100円!

 

IMG_1804.JPG

落ち着いた佇まいは私的に十指に入るほど素晴らしいもの。

一部屋ずつ、趣向を凝らした造作に感銘を受ける。

 

IMG_1828.JPG

しばし、街の喧騒を忘れる。

秋にも公開予定だとか。

一押しスポット。

 

IMG_1839.JPG

2013年5月 9日

頂きを目指す

IMG_1988.JPG

法然院近くのパーキングに車を止め、大文字山の頂きを目指す。

午後四時過ぎ。

小学校以来。

ちょっとした冒険気分。

 

IMG_2061.JPG

銀閣寺の入口を左手に。

降りてきた御夫婦に、上までの所要時間を聞く。

「あなた若いから、休憩無しで一時間かな。。」

え、、、

結構あるな。。

IMG_2057.JPG

大文字山への登山道の入口へ。

次に降りてきた初老の方にも聞く。

「あんた若いから、30分やな」

結構、振れ幅があるなぁ。。

IMG_2071.JPG

不規則な階段を登る。

途中で降りてくる人人に「あとどれ位ですか?」を繰り返すが、

たいていは、「あと半分かな」

IMG_2012.JPG

結構、降りてくる方が多いので、気持ち的に安心。

この季節、山の中で、日が暮れたらという心配はない。

汗ばんでくる。ジャンパーを脱いで片手に持つ。

長い階段が現れる。

これで、最後か。

IMG_2021.JPG

 

到着。

所要時間30分。

IMG_2022.JPG

眼下に京都市内を見下ろす。

いい気分。

向日に見えるは、愛宕山か。

野望が膨らむ。

IMG_2043.JPG

遠く大阪が見渡せるほど、空気は澄んでいる。

最初、火照った体を冷やしてくれてた風も、

気持ち良さから一気に冷えへと変わる。

 

IMG_2030.JPG

二日に一回来られている方もいる。

見るからに逞しい。

山頂を満喫して、山を下る。

その二日後、筋肉痛がやってきた。

 

IMG_2007.JPG

2013年5月 8日

昨日で、終りました

 

IMG_1971.JPG

春季非公開文化財特別公開の一つ。

百万遍知恩寺に行ってみた。

静かな境内。

DSC_1915.JPG

ひっそり。。

ご自由に、お参り下さいとある。

あれ。。。

襖を開けて、中へ。

「昨日で、公開は終わりました」と御坊様。

 

DSC_1954.JPG

そうか。。

4/26~5/6までの公開だったか。

手ぶらではと、真如堂へ。

DSC_2250.JPG

新緑が、鮮やか。

人も少なく、落ち着いた境内。

DSC_2235.JPG

 

 
久しぶりに、涅槃の庭を見てみよう。

本堂の受付へ。

DSC_2039.JPG

 

さすがに、平日。

ほとんど貸切。

廊下を進む自分の足音もはばかるほど静か。

 
DSC_2095.JPG

 

DSC_2155.JPG

DSC_2175.JPG

 

縁側に座ると、左手に大文字。

意外と近く感じるほど、空気は澄んでいる。

 

DSC_2110.JPG

ただいま、三時。

日も長くなった事だし、行ってみるか。

今年の目標の一つへ向かった。

 

DSC_2134.JPG

 

 

2013年5月 7日

海を渡った日本の至宝

 

IMG_1930.JPG

 

昨日は、ボストン美術館展を見に、大阪・天王寺へ。

 

IMG_1899.JPG

 

スカイツリーが二個建てられる予算という

高さ300m60階建てのあべのハルカスがそびえる。

京都人だからか、高い建物には食いついてしまう。。

2014年春 全面開業予定。

 

IMG_1955.JPG

公園の中を通り、美術館へ。

 

IMG_1919.JPG

入口は、空いているように感じたが。。

中は、結構な人。

音声ガイドを借りて、二時間の長期戦を挑む。

 

IMG_1925.JPG

 

明治の神仏分離令より、お寺の宝が破壊や破棄。

海外に持ち出されたおかげで現存しているとも言える至宝の数々。

中でも、快慶の弥勒菩薩立像・伊藤若冲・尾形光琳・曽我蕭白など

インパクトが強い作品が記憶に残った。

最後の曽我蕭白の龍の襖絵は、圧巻。

 

IMG_7856.JPG

近年、外国人によって紹介され、日の目を見た伊藤若冲も記憶に新しい。

日本文化の逆輸入。

まだまだ、世界に散らばった名品はあるに違いない。

楽しみでもあり、寂しくもある。

 

IMG_7860.JPG

2013年5月 6日

馬上の妙技

 

IMG_7755.JPG

 

昨日の日曜日は、藤森神社の駈馬(かけうま)神事へ。

昨年も寄せて頂き、感銘を受け、また来年もと書いていたので、

これは行かねばと。。

二回目の三時から、少しお邪魔しました。

 

DSC03193.JPG

 

すでに、馬場の両側は人人人。

紅白幕を超えた辺り、低い踏み台にスタンディグ。

 

DSC03196_1.JPG

コースを入念にチェックした後、

三時きっかりにスタート。

 

DSC03256 2.jpg

昨年、中三でデビューした彼も大きく成長。

見事な手綱さばきに感動。

疾風の如く駆け抜けていきました。

 

DSC03260.JPG

 

次々と乗り手と馬の入場。

荒業も飛び出し、観客から拍手が湧きます。

 

DSC03285 3.jpg

 

古い伝統を持つ神事。

馬がサラブレッドになったものだから、乗り手の勇気と技術は昔よりはるかに大変。

これは、下鴨神社の流鏑馬もそうでしょう。

 

 

IMG_7751 1.jpg

 

伝統を受け継ぐ若者たち。

 

IMG_7790.JPG

 

その勇気と努力に、絶え間なく拍手が送られていました。

今年も、感動を有難うございました。

 

IMG_7818 3.jpg

 

 

 

2013年5月 5日

日本の美

 

 
DSC_1829_1.JPG
 

昨日は、下鴨神社で葵祭の行事の一つ御禊(みそぎ)の儀が行われた。

 

DSC_1899.JPG

祭を前に、斎王代や女官たちが身を清める儀式。

 

DSC_1601.JPG

 

10時過ぎから始まると聞いてたが、着いたのが20分。

一足遅かったかなと参道を進む。

 

DSC_1177.JPG

ジャストタイミング。

女官たちの後をついて、境内へ。

 

DSC_1184.JPG

 

と、、途中から、ロープで結界にされて、、

御手洗池の方へは行けない。

やはり、ポジション取りは大事だなぁ。

向こう岸が羨ましい (^_^;)

 

DSC_1241.JPG

 

本殿、左手に人だまり。

もしかして、この後にこちらへ来られるのかと期待。

待つ事、30分あまり。

 

DSC_1292.JPG

 

御禊の儀が終わり、本殿前で二礼二拍手一礼。

 

 
DSC_1361.JPG
DSC_1369.JPG

 

そのあと、斎王代さんと子供たちが左手へ。

可憐・清楚・上品。

どれもが当てはまる斎王代さん。

 

DSC_1486 1.jpg

目は、心の窓。

大きく澄んだ瞳が、斎王代さんの人柄を表しているようだ。

 

DSC_1522 1.jpg

周りの子供たちも、未来の斎王代候補。

それぞれ、緊張の面持ち。

貴重な体験。。

 

DSC_1573.JPG

 

重さ10数キロの十二単に責任感も感じつつ、長い間、何かと大変。

私のような素人カメラマンに囲まれながらも、終始笑顔の斎王代さん。

今年は、是非見に行かないと。

DSC_1693 1.jpg

 

 

2013年5月 3日

再利用

 

R0011651.JPG

鴨川に、白いロープが張られると、今年も鮎漁の解禁が近い事を知る。

四季の移り変わりを感じる事が出来る鴨川の景色。

 

R0018387.JPG

 

昔から、資源を再利用してきた京都。

 

IMG_6786_1.JPG

お寺などは、移築や下賜など解体しては建て直されてきた。

 

R0011665.JPG

使い捨てという言葉が出てから、

電気製品などは直すより買い替える方が安くなった時代に入った。

現代建築も、例外ではない。

大抵は一度壊さないとどうしようもない。

 

R0018100.JPG

少子化によって、小学校が統廃合され、廃校になった校舎が再利用されている。

100年以上経ったものだが、現代的に見ても、中々のセンス。

 

R0018065.JPG

 

R0018096.JPG

喫茶店有り、博物館ありと利用は様々。

 

R0018048.JPG

 

DSC01627.JPG
限られた面積に生きる我々。

壊す事もやむを得ない。

DSCN0617.JPG

願わくば。。。

思い出と共に存続する建物を見上げ、ホッと出来る街で有って欲しいものだ。

 

R0011644.JPG

 

2013年5月 2日

一足早かったか(^_^;)

 

IMG_1476.JPG

五月に入ったというのに、この寒さ。

風が冷たい。

 

 

IMG_1619.JPG

 

昨日、ゴッホ展の入場者が10万人に到達。

10万人目の男性に記念品のゴッホの自画像が贈呈されたという。

一日違いだったか。(^_^;)

 

IMG_1621_2.JPG

 

お隣のリヒテンシュタイン展と出口を共有している。

どちらのお土産コーナーにも行けますと張り紙がしてあるので、

少しだけ得した気分になる。

 

IMG_1624.JPG

お土産に、ゴッホチョコ。

800円なれど、美味しいし、あとはペンシルケースにも。

 

IMG_1703.JPG

春季非公開文化財特別公開も始まった。

大興寺と西方寺へ。

IMG_1691.JPG
IMG_1597.JPG

 

普段、非公開のお寺だけに、しっとりとお寺本来の姿があると感じる。

人で、ごった返すトップシーズンも時として楽しいのではあるが。。

 

IMG_1671.JPG

さて、次はいずこへ。

行った事の無いお寺へ行きたいのだが。。

それが、問題だ。

 

IMG_6783.JPG

 

2013年5月 1日

か・ん・げ・き

DSCF3373_1.JPG

五月に入った。

鴨川の床も準備万端。

 

 

 
R0011751.JPG

 

初めての都をどり。

貴重な経験を無にしてはと、まずはカフェイン。

Sで良かったものの、眠気キラーの大き目のMで。

 

DSCF3380.JPG

 

せせらぎの道も、緑に覆われて美しいコントラストを見せる。

 

DSCF3408_1.JPG

川端通りから祇園へ。

この辺りも良い感じ。

カフェテラスに外国人が似合う。

 

DSCF3429_1.JPG

辰橋(たつみばし)。

DSCF3467.JPG

変身舞妓さんの着物の色は、まさに都をどり。

期待が高まる。

DSCF3453_1.JPG

何とも絵になるこの辺り。

 

DSCF3491.JPG

 

ポスターやらに使われるのもよく分かる。

 

DSCF3483.JPG

引っ張りに引っ張って、、(^_^;)

 

R0011725.JPG

花見小路へ。

R0011726.JPG

ホコ天でないのだが、歩行者が強い。

 

 

DSCF3500_1.JPG

20分前。

祇園甲部歌舞練場、到着。

 

R0011740.JPG

 

始まると、そのスピード感とカラフルさに今までの概念が吹っ飛ぶ。

暗転の後、明かりが場内を照らした瞬間、目に飛び込んでくる鮮やかな色使い。

最後の春の場面は、桜一色の中を20人の舞妓さんが横一列に出て来ると、

ざわめきが起こった。。

 

R0011737.JPG

 

母の好きな宝塚歌劇。

よく知らないが、そんな雰囲気も感じられて、外国人も喜んでいた。

隣のおじいさんが、最後まで舞妓さんが何人いるか数えていたが、

フィナーレで分からなくなったようだった。

 

 

R0011744.JPG

一度も眠くなる事なく、最後まで楽しめた貴重な体験。

また、来てみたいなぁ。