2011年1月28日

続 京の(厳)冬の旅

IMG_0034.JPG

手漉きガラスの向こうにゆれる灯篭。

味がありますね。

もう、二度と作れないと仰るガラス戸。

どうぞ、開けてお写真をお取りくださいませと言って頂いたのですが勇気なくて。。

(^_^;)

DSCF0269.JPG

こちら光雲寺。

「京の冬の旅」で公開しているお寺。

DSCF0224.JPG

丸太町のどんつき、天王町をさらに東に突き当り、右に折れて、すぐに左。

立派な仏殿。

IMG_0005.JPG

今、大河ドラマでやってる「江」の娘 東福門院 和子(まさこ)の菩提寺。

お墓は、泉涌寺に旦那様の御水尾天皇と共に並んでいます。

DSCF0274.JPG

禅宗様の建物。

二階建てのようですが、一階のひさしは「もこし」というものだそうで。

もちろん、内部は撮影禁止。

DSCF0245.JPG

お庭は、植治こと七代目小川治兵衛作。

このアングルで見る俵屋宗達のウサギの絵のあるお部屋で、

美味しいわらびもちと共に頂くお抹茶も最高。

イケメンの若い御住職も気持ちの良い方。。(*^。^*)

DSCF0239.JPG

これで、スタンプも三つ。

 

 
DSCF0294.JPG
早速、京都駅の観光案内所でエコバックと交換。

場所が変わってました。

 

 

DSCF0305.JPG
可愛いウサギ柄。

お母さんにプレゼント。

喜ばれて良かったヨカッタ。(*^。^*)

IMG_0863_1.JPG

 

 

 

 

コメント

こんにちわ

素敵な灯篭の写真です。

そうですか手漉きのガラスはもう作れないんですか。
うちはまだまだ現役ですよ。もし一枚でも割れたら大変なことになりますね。
木枠がゆがんだりして冬は隙間風がすごいですが、だんだん味わいを楽しめる歳になってきました。
昔はサッシにあこがれましたが、今ではいつまでもこのままで。
とかおもってしまいますね。
もし家を建て直す。なんてことがあったとしてもこのガラス窓はそのまま使ってほしいものです。
冬の寒さはホントに身にしみますが・・・

今年のエコバックも可愛らしいですね。
ウサギのまん丸お尻が愛嬌あります。

可愛いエコバック\(^o^)/

お母さん喜ばれたでしょう。

寒い中ご苦労様です。

マスターさま

 私のおすすめの光雲寺楽しんでいただけましたか?

 方丈から見る東山の借景が大好きです。

 若いご住職? 

 ご住職にはお世話になっておりますが、見た眼は若いですが、確か70歳くらいだったような?

 宮内庁書陵部で発見された縁起の解読が楽しみです。

 

 

光雲寺のお庭、奥中段の葉をつけていない木が並んでいますが、関雪桜だと気づかれました?・・・そうなんです。そこは哲学の道なのです。

東福門院がお江の娘・・・頭ではわかっていましたが何かあらためて考えさせられます

25日に一瞬上洛しましたが、あいにく火曜日でした(汗)また来月顔だします。

蓮の実さん、こんにちわ。

以前の蓮の実さんなら、エコバック三つは堅かったですね。(笑)

家に手漉きガラスがハマっているという素敵なお家。
羨ましいですわ。(*^。^*)

まこさん、こんにちわ。

昨日は、素敵なお花有難うございました。
お陰様で、くいしんぼのカウンターが華やいでいます!

そ~ぽんさん、こんにちわ。

寒いですね~。
こんな時に、特別公開、、、
体に悪くても、行かずにはいらねー京都検定ホルダー。(笑)

仰る通り、奥が哲学の道という説明がありました。
小川治兵衛には疏水の水が必要ですしね。。

養源院の血天井の由来がやっと今年分かりました。
徳川家のお金が入っているお寺は、血天井が要るのでしょう。

yoojiさん、こんにちわ。

yoojiさんに昨秋、お勧め頂いてたので気になってました。
確かに、方丈からの眺めはいいですね!

お坊さんは、方丈でお抹茶をご自身で点てられてました。
70?いえいえ、どう見ても40までの方でした。

京都駅の観光案内所が無くなってしまったと、とても残念に思っていました・・毎回、案内所に行き、見どころを聞いて、新しい所を見つけてきた私としましては、がっかり・・ついこの間です・・新しい案内所を見つけたのは・・間口が狭くて分かり難いですよね・・

東京ばななさんのおっしゃる通り、
鰻の寝床になりましたね。
銀行のカウンターのよう。。
今まであった所の御嬢さんに聞いて分かりました。(^_^;)

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)


画像の中に見える文字を入力してください。