2010年6月24日

モノトーンの世界・・・

 

久しぶりに、龍安寺へ。

IMG_0662.JPG
白砂の中に浮かぶ15個の石に何を思うのか、思わないのか。

芸術という人もいれば、哲学という人もいる。

はたまた、何にも無いという人もいる。

 

IMG_0684.JPG

カメラを向けると、この庭の面白さが分る。

 

IMG_0618.JPG
何処を撮ろうと何となく絵になりそうでならないような。

 

IMG_0628.JPG
カメラを白黒モードに。

何となく、精神性を表現するのに合いそうな気がする。

 

IMG_0681.JPG

 

邪魔になる柱も、味のうち。

と勝手に決められる自由さも持ってるような庭。

IMG_0735.JPG

庭の一番左手が特等席とTVでやってたので、陣取るとなるほど。。

皆さんは、真ん中が一番人気。

ガイドさんは左手が一番ですと説明している。

余計に動きたくなくなって困った。

IMG_0720.JPG

縁側の足の置き場の高さの具合が、実に良い。

これも、人気の秘密かも。(~_~;)

IMG_0639_1.JPG

目の不自由な方のためのミニチュアも用意してあった。

素晴らしい計らいだと思った。

IMG_0789.JPG

つづく。。。。

コメント

こんにちは
番組効果で行かれましたかぁ~
ダブル遠近法、確認してきましたか?
あれを知っていれば見方がかなり変わりますよねぇ(笑)
次回は、足を運んでみたいっす!

SHIMAさん、こんにちわ。
仰るとおり、手前の石は大きくは分りましたが、
塀の高さが・・は、良く見ないと分かりにくい位の差かなぁ。
その辺が、上手なんでしょうね。

こんにちわ

石庭のモノトーンの写真。
あんまり普通にはまりすぎていて、気がつきませんでした。
(∋_∈)
そういえばタイトルもモノトーンの世界でしたね。
この庭は、まさにモノトーンの世界がぴったりなような気がします。
桜のときはまた趣がかわりますが。

そうでしたか。
番組をやっていたんですね。見たかったです。NHKでしたか?

ミニチュアの石庭。ほんとに良いアイデアですよね。
雑貨店で卓上用のものも売っていたのを見ました。
竜安寺ではなかったかもですが、白砂に線を流紋を描く事で、心を落ち着かせるようになってました。
何だか会社の机の上においておきたいです。

モノトーン良いですね。

心静かに何を思われたのかな?

蓮の実さん、こんにちわ。

私にあの庭を勧めて頂いた方によると、、
御庭を見た後に湯豆腐を食べるのがいいらしくて。
それは、おそらく季節の良い時の話。
夏場の湯豆腐も、暑い時に熱い物を。。で意外といけそう。(汗)
次回、チャレンジするとします。(~_~;)

まこさん、こんにちわ。
私が思った事ですか・・・

何故、この庭にこんなに沢山の方が来られるのか?
京都中に枯山水は数々あれど、
この庭を越える事は出来ない魅力・・・
飾らないシンプルさ。
それが究極の魅力なのかも。
高桐院の庭も近いものを持ってますね。

龍安寺・・モノトーンもなかなかいいですね・・本当にいつも沢山の人で・・私と娘は、じっとのんびりするなら光明院ですが・・
龍安寺と言えば、夫の「なにもねえじゃねか」を思いだされます・・

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)


画像の中に見える文字を入力してください。